性格タイプ別 天職の探し方・天職との出会い方


 

性格タイプ別 天職の探し方・天職との出会い方 [ホーム]

※このサイトはパソコン仕様で作られています。スマホでご覧いただく際はパソコン画面に切り替えてご覧ください。


天職について、萩本欽一さん(欽ちゃん)の話。



 萩本欽一さん(通称、欽ちゃん)と言えば日本を代表するコメディアンです。以前、その萩本さんがテレビで「いわゆる名人と呼ばれている人たち」、すなわち誰の目から見ても「天職についていると思われる人たち」について話していらっしゃったことがあります。いい話だな、と思ったので、ここでご紹介します。

 萩本さんは仕事柄いろんな職業の第一人者に会うことが多く、そのたびに同じ質問をしていらっしゃるそうです。
「あなたは最初からこの仕事が好きだったのですか?」
という質問です。

 そして萩本さんが言うには、誰に聞いても返ってくる答えは同じだったそうです。その答えとは
「最初は好きでもなんでもなかったよ。ただ、続けることができただけ」
というものです。

 実はここからの話が大切なところ。
 天職につけた「その道の名人たち」の話から、萩本さんは次のような仮説を導き出します。

“どうやら天職とは出会った瞬間にわかるものではなく、長い間やり続けた後に「これがそうだ」と気づくものらしい。”

 さらに、萩本さんの心には次のような疑問が出てきました。

“なぜ、あの人たちは初めは天職とも思わなかった仕事で芽を出すことができたのだろうか?”

 いろいろ考えてみて、萩本さんは1つの結論に到達します。

“最初から天職だと思って仕事を始めた人は、自分には才能があると思っているので努力をしない。しかし天職ではないから自分には才能がないのだ、と自覚して始めた人は謙虚に努力をする。しかもその努力を継続する。そして何年もたち、その職業にすっかり慣れた頃、ある日、ふと気づく。ああ、これが自分の天職だったのだと。”



「天職を探すぞ」という気負いを捨てる。



 萩本さんのこの話から、私たちは大切なことに気づかされます。それは「天職に出会いたいなら、1つの仕事を続けてみることが大事」だということです。
 まだ実際に仕事を始めていないうちから天職を追い求めても、それは順番が違うということ。なぜなら天職とは日々たんたんと仕事をこなした先に見えてくるものだからです。
 そして「日々たんたんと仕事をこなす」ためには何が大切かというと、それは自分とその仕事との相性のよさではないでしょうか。

 人間関係もそうですが、結局、その仕事が続くかどうか、その職場で働き続けられるかどうかは「自分とその仕事、その職場との相性」によって決まる部分が大きいと言えます。
 その相性を知るには、まず自分を知ることが必要です。自分自身を知れば、自分と相性のよい仕事、したがって長続きする仕事が見つかるはずです。

 このサイトは皆さんが長く続けられる相性のよい仕事を見つけるお手伝いをするために制作しました。結果的には「天職を探すサイト」ということになりますが、「何が何でも天職を探すぞ」という気負いはいったん横に置き、リラックスした気持ちでこのサイトをご活用ください。きっと良い結果につながるはずです。




このサイトの読み進め方

★もしお急ぎでなければ、サイト上部にある“上段のナビゲーション”通りに、
ホーム→まずは自分を知る簡単な性格テスト性格理解の基本判定結果を見る
の順番でお読みいただくのが一番わかりやすいと思います。

★とりあえず急いで「自分」を知りたい、という場合は
簡単な性格テスト判定結果を見る
の順番でもかまいません。

上段のナビゲーションでご自分の性格タイプを一通り理解していただいた後で
下段のナビゲーションで転職サイトに関する記事をお読みいただくのがいいでしょう。