転職サイトの特徴を知る・・・サイトの種類と違いを理解する性格タイプ別 天職の探し方・適職の見つけ方 & 転職サイト比較


 

転職サイトの特徴を知る・・・サイトの種類と違いを理解する




転職サイトは
「求人情報サイト」と「転職エージェントのサイト」
の2タイプに分類できます。



■「求人情報サイト」・・・自分で適職を探す

ただ単に「転職サイト」と言った場合は、この「求人情報サイト」のことを言います。また「転職情報サイト」と言う場合もあります。

簡単に言えば、インターネット上で複数の企業の求人広告を掲載したサイトのことです。昔からあった就職情報雑誌のウェブ版と考えていただければいいでしょう。
ちなみに求人企業は広告の掲載料を払っていますが、サイト利用者であるあなたは利用料金など一切払う必要はありません。

あなたはこのサイト上で気に入った企業を見つけ、自分から企業に電話をかけるなどして応募の意思を伝え、面接等の日取りもあなたご自身が企業と交渉して決めます。採用・不採用の連絡は企業からあなたのもとに電話、メール、手紙等で直接届きます。

あなたの個人情報を求人情報サイトに登録しておくと、給与、勤務地など希望の条件に合致した求人情報をメールで送ってくれるなどの無料サービスもあります。

「仕事くらい自分で探す」と決めている方もいらっしゃいますが、こうした無料サービスを積極的に利用することで職場選択の幅がずいぶん広がると思います。登録して損することは何もありませんので、ぜひ、登録しておいてください。


■「転職エージェントのサイト」・・・コンサルタントに適職を探してもらう

転職エージェントが運営しているウェブサイトのことです。転職エージェントとは「職業紹介会社」のことですが、最近では「人材紹介会社」という呼び方も定着しています。

転職エージェントにはキャリアコンサルタント(またはキャリアアドバイザー等)と呼ばれる仕事探しのプロが多数在籍しています。

利用の方法としては、まず、あなたとキャリアコンサルタントとが実際に会って話し合いをし、その中であなたの希望条件等を彼らに伝えます。するとキャリアコンサルタントはあなたの希望条件と企業側の採用条件とを考え合わせた上で、最適と思われる求人案件をあなたに紹介してくれます。

上記の求人情報サイトと同様、お金を払うのは求人企業側だけであり、あなたが利用料金を払う必要は一切ありません。

キャリアコンサルタントからあなたに対し、一度に紹介してくれる案件数は数件のこともあれば10件以上の場合もあり、これはエージェントの方針や担当したキャリアコンサルタントのやり方によって変わってきます。

一見、面倒なやり方に思われるかも知れません。しかし、遠回りに思える方法が実は一番の近道であったりします。
まず、はなからミスマッチの企業を選んで面接に行くなどして、貴重なエネルギーと時間を無駄遣いすることがほとんどなくなります。

また、キャリアコンサルタントはいわば「あなた」という人材の保証人でもあるわけで、企業サイドからみても「キャリアコンサルタントの保障付き」の人材を紹介されるわけですから、就職が決まりやすいという傾向があります。この点、表現は悪いのですが、企業にとってみれば上記の「求人情報サイト」を通して面接に来た「どこの誰だかわからない求職者」とは扱い方も自然に変わってくるというわけです。

もう一つ、大切な点があります。すでにあなたは「16タイプ性格分類」を受けてくださったと思いますが、それによって自分自身を客観的に知ることの重要性をご理解いただけたことと思います。実は同様に、キャリアコンサルタントを利用することも「あなた自身を客観的に知るための大切なチャンス」なのです。
自分の性格は「16タイプ性格分類」によってだいたい理解できると思います。しかし肝心なのはその先です。あなたの性格にマッチした職業、職場、企業とはどういうものか…。もちろん基本的にはあなた自身が考えていくことになりますが、もしキャリアコンサルタントのアドバイスを受けられるのなら、あなたの性格にぴったり合った職業、つまり「天職」にたどりつける可能性はぐんと高まるのです。

「自力本願(じりきほんがん)」という言葉がありますが、人の助けを素直に借りること、つまり「他力本願(たりきほんがん)」の「他力」こそ、実は「天職探し」のコツであるということを付け加えておきます。


■実際にサイトを見てみよう。

ここまで述べたように、転職サイトには「求人情報サイト」と「転職エージェントのサイト」の2種類があることをご理解いただけたでしょうか。

一つ、例をあげましょう。
みなさんはリクルートという企業をご存知だと思います。この企業の傘下に『リクルートキャリア』という企業があります。この企業は転職エージェントであるとともに、求人情報サイトも運営しています。

求人情報サイトとしては『リクナビNEXT』というサイトを運営しています。





転職エージェントとしては『リクルートエージェント』という名称でサイトを運営しています。





もしあなたが「サイトを活用しながら自力で適職を探したい」というなら『リクナビNEXT』に会員登録することになります。
キャリアコンサルタントのアドバイスを受けながら適職を探したいなら『リクルートエージェント』に登録することになります。

しかし実際には、両方に登録しておくのが就職活動の定石です。自分で探しつつ、人の助けも借りる。これが一番おすすめの方法です。